**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100ブランディング
> 風評被害とブランド
 久しぶりにブログを書きます。

 最近、メルマガしか書かないので、なかなか・・・。ごめんなさいね。でも、ぎりぎりの発言を書くにはやっぱりメールマガジンかなあ、と思っておるのです。

 さて、今日は最近話題の風評被害について、思うことを書こうと思います。

 消費者と企業が交換をする。消費者はお金を払って、企業は商品、サービスを提供する。これは当たり前ですね。で、その時に、消費者が企業の情報、商品の情報を十分に得られるかというと、そうではないことが多い。

 初めて行くマッサージ屋さんが上手なのか?自分に合うのか?はわかりませんよね。びくびくです。

 提供側は一応、その提供商品、サービスについて理解しているのですが、消費者側が持っている情報にはばらつきがある。

 こういうのを、「情報の非対称性」と言いますね。

 で、広告に商品説明ががっちり書いてると、いいかも、と思う。ま、この企業側の提供情報が必ずしも正しくはないのですが、情報が不十分だからこそ、広告宣伝が効いてくる。

 でも、広告宣伝費をかけなくても、一定の信用を獲得した商品とか、企業とか、ありますよね?

 そういうのは、ブランドと呼ばれたりします。

 ブランドがあると、特に商品について情報を得なくても、なんかいい気がする。これも情報の非対称性がなせるわざです。

 でね、今日のテーマの風評被害です。

 もう、言いたいことはわかりますよね。

 買い手に十分に情報はない。でも、なんか、悪い気がする。ダメな気がする。みんなこわいって言ってるもん!みたいなものが風評被害ですね。

 もはや、日本メーカーが作ったものを海外に出すのに、契約書に放射能チェックの条項が入ってしまうようです・・・。

 海外の人から見て、日本はどこでも放射能に汚染されてそうだ、というのも風評被害ですよね。

 海外の人から見て、日本人は礼儀正しそうというのは、ブランドかもしれませんけど。

 この2つは本質的には同じものだと思います。プラスに作用するのか、マイナスに作用するのかだけの違いですね。

 なんか、ふつうの話で恐縮です。

 それでは次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2011.07.15(20:45)|ブランディングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム