FC2ブログ

**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100シンキングメソッド
> 目の前に広がる風景
おはようとざいます。伊藤です。
やや涼しく、爽やかな朝です。

世間では憂鬱なことが多々起こりますね・・・。
ニュースを見るだけで気分が悪い。

しかし、目をそむけてはいけないと思います。

今日はひさびさに少し哲学的なお話です。

人が一人一人認知する物事は固有です。
空目、空耳でわかるように、人は生データで世界を
経験していません。

自分にとって、大事かそうでないか?で見える物事が違います。
認知する物事が違うのです。

自分の目の前の風景は自分に固有なのです。
逆に言えば、目の前に見える風景から、自分を区別することができる、
ある意味で、アイデンティファイできるでしょう。

自分のアイデンティティは?という問いは、ある時期に流行りました。
中二病の一種にも見えますけど。

でもね、難しく言葉にしなくても、目の前に広がる風景は固有なのです。
それでいいじゃないですか。

それがわかるためには、他者の目線を想像することが大事ですよね。
でも、それは簡単じゃない。

ビジネスで顧客志向といくら叫んだところで、他者の認知している物事が
そもそも自分と違うことを本質的に了解している人など、とても少ない。

他者の目線、他者の認知を想像することが実はすごく難しいことに気づくことが、
自分の目線、自分の認知が固有であることに気づく第一歩だと思います。

イメージ力養成講座をやりましたが、
ご参加いただいた方は、イメージするということはここまで人によって違うのか?
というのを実感されていました。

考えるという行為は、人によって、その人の頭のネットワーク形成の在り方によって
全く違うのです。

人間全体に共通することがあるとすれば、ネットワーク形成能力を人の脳が持っているという点に
おいてのみです。

そうすると、おのずと形而上学というものの限界もわかってくる面があります。

自分の感覚のみを頼りに、思索を深めていくことは、
とんでもなく多くの部分をこぼしてしまうことになる危険性があるのです。

だからといって、形而上学に価値がないと言っているわけではありませんので、
そこのところは誤解なきよう、お願いいたします。

それでは、今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



2011.09.06(15:05)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム