**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100マネジメント
> リーダーシップとわがままと・・・。
 さて、今日はリーダーシップについてです。

 どうも、リーダーシップとわがままなのを混同している人が多くて困ります。

 よきリーダーはよきフォロアーとなるものです。

 誰がリーダーになるのがいいのかを判断できない人は、マネジメント能力が著しく欠けているケースが多いです。俺が俺がという心意気は悪くはないですけど、誰が何を考えている、感じている、というのがわからない人は、リーダーには向いていません・・・。

 でも、別にリーダー経験は等しく多くの人にもってもらいたい。

 よきリーダー経験はよきフォロアーを産みます。誰でもリーダー的な役割を担うことはあるのです。家族でどこにご飯に行くか?友達同士で何をするか?この程度のことでも、リーダーシップはありえます。

 こういったケースのほうが困った自称リーダーのイメージがつきやすいかもしれません。声高に自分の主張をすることは、リーダーシップを発揮しているのではなく、意見を述べているに過ぎません。

 単に、わがままを言っている場合、「こいつがめんどうくさいから、一応、立てておこう」と思われているのは、まったくもってリーダーシップではないのです。

 そういう人がリーダーをやっていると、だんだん人が集わなくなります。当たり前のことですね・・・。

 それでね、大学のほうで、どんな小さいことでもいいから、企画してごらん。お友達に賛同してもらって、手伝ってもらってごらん、という試みをやっています。

 なかなか企画を作ってくる大学生は少ないですけど。

 で、これね、リーダーシップ経験を小さくてもいいから積んでごらん、と言っているわけです。

 企画した人がジャイアンで、賛同する人がスネオという人間関係を恒久化するものではなく、プロジェクトに応じて、役割が入れ替わる。その経験の1つです。

 コマンドアンドコントロールが画一的では、組織の生存確率が最大化しませんので、米軍でも、このプロジェクトではこの人がリーダーで、このプロジェクトでは、この人がリーダーで、というようなやり方を採用しています。

 ただ、なかなかこのあたりのことに自覚的になる人は少なくて。

 リーダーシップはすごいことで、自分にはとても無理だと思いこんでいたり、

 リーダーシップは俺様にこそふさわしい、とジャイアンのような思い込みをしていたり、

 といった人が後を絶ちません。これ、とても困ったことです。

 チームリーダーをやって、人がちゃんとついてきて、ある程度の長期で生産性を最大化させたことがない人は厳しいですが、これは、40ぐらいの人の評価基準のお話で、大学生だったら、どんどんいろんな人がリーダー、フォロアーをやって、いろいろな視点で組織で何かするということを見てほしいものですね・・・。

 と、ひさびさにブログにマネジメントのことを書きました。それでは次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2011.10.12(20:53)|マネジメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム