**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 ごめんなさい。更新がいつもいつも滞っております。

 また、メルマガ転載企画です。ごめんなさい。

-----------------------------------------------------------
先日、大学で缶けりをしたことは書きました。
今日はその続きです。ビジネスに活かすという視点で
書きます。

それでね、缶けりはどういう結果だったかというと、
1時間やって缶が3回倒されました。
そのうち2回は私が倒しました。年甲斐もなく・・・。

でも、理不尽だと思うのは、ダッシュして倒して、もう疲れ切っているので、
せっかく捕まった人を開放しても鬼にすぐにつかまってしまうところです。
すぐに「先生みっけ!」とやられて、なんと理不尽な!と思いました。

で、缶けりをしながら、どんな能力開発に活かせるのかなあ、というのを
ずっと考えていました。

缶を倒すためには、鬼に見つかってはいけない。
意外と範囲は狭かったので、鬼から見えたら終わりです。

すると、自分も鬼は見えない。
鬼が見えない中で、鬼はどこにいるのかを考えながら、
もぞもぞを動くわけです。

手がかりは足音であったり、
捕まった人が「鬼が今池のほうに行った!」という声であったり。

鬼は今どこにいるか?の検証はほぼできない。
しかし、その中でどこにいるか?を常に考えなくてはならない。

そして、隙があったら、缶を倒しに行くという判断をするタイミングもある。

これは、まさに仮説を立てて、検証のためのアクションを取る、というのと
同じです。

鬼の位置は検証できないけど、だいたいこの辺という仮説を頼りに動く。

子供は、遊んでいればこういう感覚を身に着けられる。
それを、ビジネス社会、学校で仮説という言葉で教えられる。
教えられたタイミングで「わかる」というのは、元々、そういう経験があるから。

今の子供はひょっとしたら、こういう経験がないままに、仮説という言葉を教えられたり
するかもしれないわけです。恐ろしい。

でも、大学生もその辺はちゃんと終わった後に説明すればわかる。
大人でも、仮説の感覚というのは、遊びを通じて学べるわけです。

新人研修とかで、合宿研修でもやるなら、南の島でこういうことをやったら
楽しいでしょうね。

大学では来年、こういう授業をやる企画を立てています。
伊豆大島とか、小笠原諸島とかに行って、2泊3泊ぐらいでやるんです!
お昼は遊んで、夜はディスカッションです!

こういう経験でこういう思考能力が鍛えられると思う!とか、
夜に話し合うわけです!楽しそう!

やりたい企業さんがあったらメールください(笑)。普通の合宿研修より面白いですよ。
結局、座学で言葉で教えても、元々の経験がないとわからんのです。
言葉で言葉を学んでも、実際に経験がベースにないとスッカスカなのです。

20人、30人の研修でも、こういう感覚がしっかりあるタイプの人は、
今は1割、2割です・・・。悲しいですがそれが現実です。

でも、再教育は大人になってからでも可能です!
リハビリテーションの研究から、脳の可塑性は証明されています。
まあ、子供のころにやるのが本当は一番いいんですけどね・・・。

では、今日はこのあたりで。
それでは、次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2012.02.10(14:04)|シンキングメソッドコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2012.02.20 21:34 *  * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム