**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100マーケティング
> ニッチとマスの原理原則
 おはようございます。今日はニッチとマスのお話をつらつら書いてみます。

 それでね、いわゆるB2Cの大衆商材というやつは、みんなに行き渡るものです。大量生産大量消費なものです。これはね、値段はそれほど高くはならない。お客さんが適切と思える価格帯というのはそれなりに値ごろなもんです。マス広告が効いて、ガンガンそういう広告を打っている商品は、いわゆるそういう商材です。

 これに対して、ニッチなもの、専門的なもの、高級なもの、というのは値段がちょっと高い。ですが、それほど量が出ることが見込めるものではない。規模がそれほどでもないので、大手は進出の意思決定をしにくい。ですから、それほど大きいわけではない会社がこのへんの市場を行ったり来たりしています。

 この原理原則があった上で、自分の商材はどれぐらいの規模があって、どれぐらいのプレーヤーがいるのか?を見てみると、なるほど合理的な価格をしている、と思うものです。

 市場が規定できて、需要と供給がわかると、ああ、経済学ってすごいな、と思ったりするものです。

 市場規模とシェアは基本ですが、これは需要と供給と価格を調べているに他なりません。で、ミクロ経済の知見が使えるわけです。どういう要因の変化で何が起こるのか?はもはや過去のケースからいろいろとわかっているわけです。

 自由競争で情報の非対称性が少ない場合のマーケットの動きを理論でイメージした上で、そこからのずれを考えることで、そのマーケットの特徴をつかむことができます。完全に自由競争な市場なんてないし、情報が完全に対象であることなどありえませんが、そのずれの意味がわかっていれば、いろいろなことができます。

 価格付けなどはまさにミクロの知見がいきます。原理原則を踏まえた上で、自分の商材にどういう価格付けをするのか?は非常に面白い。

 でもね、最近、原理原則と外れているお話をされるような方がいたりするのを見ると、大丈夫かなあ、と思ったりするわけです。基本を踏まえた上での応用ですからね・・・。天才は独自の理論体系を持っていますので、そういう天才的な人はまた別なんですけどね。

 目覚めにサラッと書きました。メルマガでまた深く扱うかもしれません。今日のところはこのあたりで。それでは次回をお楽しみに。


 
関連記事
スポンサーサイト
2012.05.30(07:17)|マーケティングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム