**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> 最高の準備とシナリオプランニングと占いと> インサイト100シンキングメソッド
> 最高の準備とシナリオプランニングと占いと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
おはようございます。伊藤です。
昨日の夜はサッカーを見ました。勝ってよかったなあ、と。

本田選手は前でボールが持てるので、ものすごく楽になりますね。
たいていはあんなにゆったり持てないものです。

そして、彼の次の試合に向けてのコメントはいつも「最高の準備をしたいと思います」ですね。
やる時には体を無意識に動かすしかないから、最高の準備をするしかない。
その準備の時にはものすごく頭を使う。これはビジネスも同じだと思います。

チームが動き始めてしまう前に、いろいろな事態を想定しておく。
動き始めたら、こういう現象になっているか、ではこうしよう!と随時修正していく。
事前にどれだけ起こりうることを想定していられるか?が修正の精度を決めます。

シナリオプランニングも同じような考え方です。

結局、何か突発的事態が起こった時に、経営陣がパニックにならずに、想定したシナリオから
これぐらいずれているから、こういうことをすべきだ、と冷静に意思決定すればいいのです。
競合が突然似たような商品を出したり、取引先が突然値下げ要求をしてきたり。パニックになったら負けですよね。

シナリオA~シナリオCぐらいまで想定しておけば、マーケットがどう変化したとしても、
突発的に変なことをせずにすむ。より正しい意思決定ができる。

未来なんて誰にもわかりません。だから、未来を幅をもってとらえておく。
施策を実行した時にどのような事態が起こりうるか、しっかりと想定しておく。
そして、事実がどうなったのか、を把握する。

その事実が、想定した事態の幅の中にあれば、さして問題ではないのです。

これをテクニカルに捉えることもできます。
パニックになると人はとてつもなく愚かな意思決定をします。ビジネスは理詰めで収益を積み上げるものですから、
なるべくパニックになりたくない。

そうならないためには、
「これはあらかじめわかっていたことだ、このシナリオを偶然が採択したとしたら次に何が起こるだろう?」
ぐらいに考えるとよい。これはスポーツのメンタルトレーニングなどでもよく言われていたことです。

対戦相手を調査して、こういうことをしてくるチームだ、こういうことをしてくる選手だ、とあらかじめわかっておくことは
冷静な判断をする上ですごく大事なんですね。

だから、「最高の準備」が大事なんです。

ビジネスでの最高の準備は、「未来を幅をもって予測すること」だと思います。
そうすればパニックにならない。

私はこの意味では「占い」を使ったっていいと思っています。
占いは信じるから意味があるのではなく、未来の事態を想定するために意味がある。

そして、占いは日時を強調しますよね?
人は期限を切った行動をちゃんとできないものです。占いで「この日がいい日だ」と言ってくれたほうが、
その日までにいろいろ準備をして、ちゃんと実行しますよね。

占いは信じてすがるものではなく、未来の事態を想定し、日時にセンシティブになり、期日にアクションをするという意味で
使えるものかもしれません。私は使いませんけどね。経営者がやるのを特に否定しないということです。

以前、チームマネジメントのための占いを活用したパッケージをリクルート出身の人が売っていました。
けっこう、ああいうのを好きな社長も多いので、まあ、売れなくはないかなあ、と。

それでね、ああいう人のキャラクター云々と言うやつも、
チームのメンバーについて深く知ろうとするきっかけとしてはいいんじゃないか、と。

他人に関心がない人も世の中にはすごくいて、そういう人は機械的に人を扱う。
ビジネスは確かに機械的に儲かることが理想ですが、機械的に扱われるのが好きな人はあまりいない。

関心を持ってメンバーを見れば、いろいろなことがわかる。
占いを当初仮説としてメンバーを見てみた時に、それが外れていても、そのメンバーがどんな人なのかを知る
きっかけにはなると思います。

大事なのは、占いだろうが、スポーツだろうが、考えるきっかけとすることだと思います。

それで、以前に触れた勉強会、ようやく企画しました。ご興味ある方は↓です。
http://www.taii.jp/benkyoukai_landingpage.html

これも考えるきっかけにしてくれればなあ、という思いです。
それでは次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2012.06.04(18:12)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。