FC2ブログ

**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100セールス
> 選択の連続
 こんばんは。伊藤です。

 久々の更新です。滞ってすいません。

 それでね、今日は結果をもたらすことに関する世界観について書きます。

 営業をやっていると、状況は選択の連続で変わっていくということがわかります。トークによって、結果が変わってくる。

 ただ、私は精神力が足りないせいか、こういう世界観には少し耐えがたい。

 1つ1つの細かいトーク、質問によって、結果が変わってくると考えると、精神的にしんどいんです。本当に。私には耐えがたい。

 だからね、私はもう、相手が契約するとしたら、という縛りでしか考えないんです。そうすると、1つの基本線から少しぶれるような形でしかパターンが変わらない。考える量が少なくて済む。

 私はね、営業の時、考えるのは嫌いじゃないんですけど、結果が彩りをもって変わってくるのを受け入れるのが、本当にしんどいんです。

 精神的に余裕がある時には、状況の変化を刻々と読み切って、フローが常に常に更新されるイメージでしゃべれるんですが、余裕が無い時には、そんなことはできません。だから、決め打ちになります。

 現実的には、人は無数の選択の中にいます。1つ1つの選択が驚くほどの結果の違いをもたらしている。スポーツなどの勝敗がしっかりとつくものは、たら、れば、を考えやすいので、わかりやすいですね。

 営業でもそうです。たら、れば、を考えるのはすごく大事で、あの時、こういうオファーをしていればどうなっていたんだろう?というふうに考えることが、次の結果につながるわけです。

 営業だけではありません。現実において、自分がどのように振る舞うかが、実はもたらされる結果に対して、驚くほど影響を与えているわけです。

 一つ一つの行動に対して、考え抜いていますか?

 まあ、それはそれで疲れる人生なので、考えない選択もありえますけどね・・・。

 立ち回りだけで生きている人は、けっこう考えている面もあります。もっと本質的なほうを考えろよ、と思ったりしますけどね。

 ただ、選択の連続という世界観で現実を見たことがない人は、一度、営業をやってみるといいですよね。きっと、1つ1つの行動の違いでこうも結果が違うのか?と驚きます。

 たら、れば、を考えて、くよくよすることは意味がありませんが、次に活かすなら意味がある。この割り切りを現実ですることは誠意がない場合もありますが、まあ、ビジネスでは概ね悪いことではないですね。

 それでは今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2012.12.06(22:04)|セールスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム