**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> 自己への威厳と他者への敬意> インサイト100シンキングメソッド
> 自己への威厳と他者への敬意
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
おはようございます。伊藤です。
最近は、ミスドで朝のコーヒーを飲んでいます。

スタバと上島の接客が、あまりにいやなので、
つい、ミスドです・・・。

純粋にコーヒーの味で言ったら、スタバ、上島がいいわけですが、
あまりに店員がいやなので、ミスドです・・・。

でも、ミスドはドリカムがすごい勢いで
ヘビーローテーションし続けています。
歌詞を覚えてしまいそうです。

さて、今日は社会について書きます。
いつも書いていますが(笑)。

今の社会は矛盾はあるだろうけど、
その資源、生産物の強力な配分機能から考えると、
肯定されるべきだと思います。

かつてない強力なレベルで、弱者に配分が行き渡りますもんね。

それでね、その配分機能を支えるのが自由なマーケットですよね。
人々が儲かるように動くことが、結局、全体としての配分の最大化に
資するわけです。

でも、俺はそんな配分なんていらない。俺は山奥で一人暮らしたい。
という人がいたとします。持続可能性があるかないかは別ですよ。

この人は、もはや社会に期待していないのですね。
社会からも受け取りたくないし、社会に貢献もしたくない。

この人に既存の社会の法は意味をなすでしょうか?
という問いがあります。

たとえば、人を殺してはいけない、という教えがどう意味をなすでしょうか?
こういうことを言うと嫌われそうですが、多分、この人は人を殺しても平気でしょうね。

社会に期待することがなければ、殺されても構わなければ、
別に人を殺しても、どうということはない。

そんなことはないんだ!人の心の奥底には善があるんだ!と
思いますでしょうか?

あんまりそう思わんのですよね。
実際に、怨恨で殺人というのは、普通に起きてきてますし・・・。
この前、ストーカー殺人が神奈川のほうでありましたよね。

それでね、社会に期待しない!というのは、結局、社会に無関心だから、
というよりは、社会に裏切られたという時のほうがあると思うんです。

簡単に言えば、フラれたり、会社をクビになったり、いじめられたり。

それでね、昔、とある高校で生徒会長をしていた女の人がおりまして。
OLとして地元企業で働いていたのですが、上司と不倫関係になり、
最後は、上司の家に放火して、一家全員お亡くなりになるという事件がありました。

それでね、その上司というのが、妻子がありながら、「妻とは別れる、キャシー(あだ名)と結婚する」
と言って、その女性と付き合っていて、やっぱり妻とは別れられない、と言って、上記のように
なったわけです。

これね、そりゃあ、そこまでバカにされりゃあ、みんな殺して自分も死ぬ!という気持ちに
なりますよね。

そもそも、社会は資源をみんなに配分して、みんなで生きていこう!というものです。
そうしないと、人は生きていけない。必ず集団の形成は必要です。
そこでは、人と人の争いが起こっても調整する機能はありますよね。

当然、人を殺していはいけないというルールはある。
でもね、人は人に損なわれると、社会から外れてもいい、つまり死んでもいいから
仕返しをする、ということがあります。

だから、尊厳という概念があって、それを尊重しましょうね、というふうになっているのだと
思います。その尊厳を守っていれば、社会の破壊、社会にネガティブな行動には向かわないだろう、と。

で、他人の尊厳を理不尽に損なうと、自分にしっぺ返しがある、
という認識が薄れているように見えます・・・。

変な意味で弱肉強食でしょうか。

好きなことがやりたい!と言って会社を辞める人も増えています。
そりゃあ、そういう側面はあるでしょうが、そのコミュニティー、会社組織が
良好な人間関係を保持している、一人一人が尊重し合っていれば、
居心地はいいですよね・・・。

スターバックスの最近の接客は嫌いですが、
バイトのマニュアルにはいいことが書いてあります。

スタフの間では「自己の威厳を保ちつつ、他者への敬意を払うべし」と
書いてあります。

ルールを整備するのはいいですけど、
そもそも、相互に尊重しあうカルチャーがないと、成り立ちませんよね。

リーダーには全く別のマインドがいるのですが、
それは今日は触れません。ごめんなさい。

で、利害調整の仕組みばかり組織に入れていませんか?
そもそも、そんな仕組みはないでしょうか・・・。

でも、その前に、それを守るインセンティブがあるようにする
「暗黙の前提」をある程度、明確にしないといけないような時代に
入っているような気がします。

それでは今日はこのあたりで。
次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2013.02.02(10:08)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。