**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100シンキングメソッド
> リアルに目の前のものが見えなくて、ぶつかったりするんですね・・・。
 アスペルガーという分類はなくなってしまったのですが、いわゆる高機能自閉症についてよく言われることを書いてみます。

 アスペルガーの人の中には、妙に感覚が鋭敏な人がいるようです。

 視覚が鋭敏な人、視覚が不思議な人がいます。私も、模様が波打って見えたりすることがありますが、面倒なので医者にかかったことはありません。

 言語学方面では、ウィトゲンシュタインが読めるとアスペルガーと冗談で言ったりしますが、私はウィトゲンシュタインが妙に読めます・・・。まあ、いいです・・・。

 よく書物に出てくるのは、遠くが見えるのに、目の前のものが見えなくて、ぶつかったりとか、そういうのです。子供の頃は、私も近くが見えないことがよくあって、昼休みに遊具にぶつかって脳震盪を起こしたこともあります。今では飲み会の時のネタではありますが・・・。

 いろいろと妙な視覚感覚を持っている人もいるみたいなんですね。私は大人になってからは少ないです。

 迷信かもしれませんが、笑いのつぼが人とぜんぜん違って、周りと上手く合わせられなくて、言語能力、もしくは数的知覚能力が妙に高くて、国語の偏差値とか振り切っちゃう人もいるみたいですね・・・。

 でね、普通の多数派の人は、小学校、中学、高校で、人間関係について苦労していろいろ学ぶわけですが、アスペルガー気味の人は、おっとりと、わけもわからずすごすといいますが、そういう感がありますね。だから、問題をいろいろ引き起こしますが、本人はあまり気づかない。

 で、私と周囲のそれっぽい人の経験で言えば、アスペルガーっぽい人は、20代が大事かな、と。20代にいかに人の中でコミュニケーションをとることを選択して過ごせるか?じゃないかな、と。ストレスフルですが、なんとかここをコミュニケーションを選択して、普通の人が持っている空気を読む能力を、別回路で発達させると、なんとか社会生活を送れるんじゃないかな、と。

 アスペルガー気味の人は、もらい泣きとか、できなかったりして、卒業式で泣いたりしないし、泣いてる人たちを青春ごっこしやがってとか、冷ややかに見るわけですが、そこで泣ける回路を発達させてみようと思ってみるのも、いいのかな、と。

 それでは、今日は短いですが、このあたりで。次回をお楽しみに。 


 
 
関連記事
スポンサーサイト
2013.09.30(22:44)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム