**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 こんばんは。伊藤です。

 年末ですね。寒くなければ年末も大好きなのですが、いかんせん、東京は寒い。早くリタイヤして南の島で暮らしたいです。

 さて、今日は形式と意味についてです。

 人間にとって意味とは何か?と言えば、自分の生存にとっての意味が意味の根源なわけです。

 意味を究極まで剥奪していくと、形式になっていくわけです。

 例えばね、数字だけのポエムみたいなものを書いている学者さんがいます。音とリズムだけから、人間の発話の根本に迫りたいという試みの1つなわけです。

 でも、このアプローチで人間の発話の根本に迫れるか?と言えば迫れないと思うわけです。

 意味が剥奪されているからですね。

 こういった究極まで発話を形式化した研究が、知見をもたらさないかと言えば、もたらすとは思いますよ。ただ、それはメインストリームの人間にとっての意味の研究があった上で、形式の研究があるから、有用な知見が得られる面があるわけですよね。

 経営において、事実の意味とは、自社が将来、持続的競争優位を得られるか?に対しての意味なわけですよね。

 これを形式化して、フレームワークにすることはできるし、誰でも枠を埋めればできた気になることは可能ではありますが、それで戦略立案ができるかと言えば、できない。

 枠を埋めただけでは意味がないわけですね。

 その意味というものが、経営において読めるか?というのが、戦略立案では大事なわけです。

 といったことを、戦略立案に悩む人に伝えると、立ち上がれるのですが、悩んだことがない人に伝えても、はにゃあ、という感じですね。まあ、そんなもんです。

 それでは今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2013.12.26(20:38)|シンキングメソッドコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム