**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100書籍
> 直感でわかるロジカルシンキング/まえがき
 Amazonで予約可能になっていますので、今日は宣伝したいと思います。

直感でわかるロジカルシンキング直感でわかるロジカルシンキング
(2015/02/19)
伊藤 達夫

商品詳細を見る


 それで、技術評論社さんのページでまえがきが公開されているので、このブログでもご紹介しようと思います。以下、まえがきでございます。

私は「今時の若い人は……」という言い方が嫌いです。年齢を重ねた人が,自分が若い頃の愚かさを忘れて言うセリフです。ローマ時代の壁の落書きにも見られると言います。だれでも,年を取れば若い人にイラっと来ることがあります。ただ,「最近の」ではなく,「若い」ことに共通する「よろしくないこと」を,自分たちを切り離して批判するのは卑劣だと思います。

この4年の間,私は週に1回か2回,八王子にある首都大学東京の南大沢キャンパスで「今時の若い人」である学生と接しています。そのなかで「何かがおかしい」と感じることもありました。そんな時は「自分も年をとったのかな」と思うようにしていましたが,ある時,面白いやりとりがありました。

「自分で考えてごらん」
「うーん。思い出せません」
「いや,思い出さなくていいからさ,自分が考えてみてよ」
「思い出せないとわからないじゃないですか」

私はこれを聞いた時,非常に奇異な印象を受けました。「この子は何を言っているのだろう?」と。

私は聞いてみました。

「思い出さなくても,わかることってあるでしょ?」
「あるんですかねー。確かにある気もしますが……」

その学生は黙り込んでしまいました。

ためしに,いろいろな学生に,これに近いことをいろいろと聞いてみました。すると,彼らの反応は……

「知らないことって,わかるんですか?」
「数学も暗記科目ですよね?」
「ネットに書いてあることをそのまま書くのってダメなんですか?」
「先輩がウィキペディアのリンクが青いままコピペして卒論を出しましたよ」

……。私にしてみれば驚異的な彼らの「考え」を知ることができました。

そして,「これはまずい」と思うようになりました。首都大学東京というのは,早慶に受かってきている人もいれば,MARCHに落ちてきている人もいるレベル差が大きな大学ではあるのですが,こういった考えを持っているのは必ずしも成績が下位の学生ばかりではありませんでした。これはさすがにまずい,「今時の若者は……」の範疇を越えていると思いました。

学生たちにとって,考えることはおおむね「思い出すこと」であり,勉強は「パターンを覚えること」でした。そして,「コピペをすれば,考えることの代用になる」と思っています。これらは今時の若者に共通する「考える行為」のイメージであるようでした。

調べてみると,最近の受験勉強が原因の1つになっていることがわかりました。点数を取ることに特化して,数学などのいわゆる「考える科目」も,パターンにして覚えることしかやらないし,それが正しいと思い込んでいる先生もいるようです。

一問一答形式で言葉をとにかく覚え続ける。そうすれば点数が上がる。 ひたすら一対一の対応を覚える。それが勉強である。

彼らは頑なにそう信じています。

私が高校の頃には,けっこう多くの人が「受験勉強に飽きたら,大学の教科書をさらさらと見てみる」ということをやっていました。受験にすぐに役立つわけではありませんが,好奇心を持って大学の教科書を読んでいたと思います。今はそういう人が少なくなっているようです。

「ペーパーテスト型の受験が悪だ」というつもりはありません。非常に公平なシステムだと思います。当然,考えるアプローチを使ってペーパーテストの点数を上げることも可能です。しかし,「考えないで最小単位で覚えるだけの勉強のやり方」で点数を上げることもまた可能であり,そればかりをやってしまうこと,その方法しかないと思ってしまうことが悪なのだと思います。

これでは大学の勉強がまったくできるようになりません。それどころか,社会に出てから企画系の業務がまったくできないでしょう。いくら「ロジカルシンキングスキル」が普及しても,文字を覚えるだけではできるようにはなりません。このままでは日本の将来が危ういと思うようになりました。

でも,心配しないでください。この現実を越えるために,本書では「直感的にわかる」ことを重視しています。だれでも感覚的にわかる言葉やビジュアルから「ロジカルシンキング」に迫っていくことで,その理解を深めていくことを意図しています。

内容は,首都大学東京で私が「企業課題解決コンテスト」と題して実施した授業と,2012年から2013年にかけてビジネスマン向けに実施した「思考についての勉強会」の内容をベースにしています。授業では,SMBC日興証券,SAPジャパン,新日鉄住金,日本ヒューレットパッカード,三菱商事,(五十音順,敬称略)などの企業で現役で活躍していらっしゃる方から現実の課題をいただき,解決策を提案する,ということを行いました。学部生には難度が高い課題やってもらい,少しでも社会人のすごさを感じてもらうことが授業のコンセプトでした。

SAPジャパンの戦略オプション,三菱商事のインドでの新規事業戦略など,歯ごたえがありすぎる課題をいただいた結果,授業をやっていく過程で学生に短期間でロジカルシンキングを教える必要性が生じ,試行錯誤せざるを得ませんでした。この本では,実際に授業をやった時の学生やビジネスマンの方々の典型的な反応をふまえて,できるだけ授業で出てきた学生やビジネスマンの疑問に答えるように努めました。1つ1つのことを一緒に,直感的に感じながら,「考えること」を学んでいただければと思います。

前置きが少し長くなりましたが,この本があなたのビジネスライフに資することを心から祈ります。少し風変りな本ですが,最後までお付き合いいただけると幸いです。


 以上がまえがきになります。

 これは、私が大学で感じている偽らざる感覚です。子供に接している人なら、なんとなくわかるのではないでしょうか。これぐらい、危機的な状況の中で、若い人たちに何を伝えていけるんだろう?という思いで書いたわけですね。

 今日は宣伝でした。ごめんなさい。

 次回の更新もお楽しみに。


関連記事
スポンサーサイト
2015.02.06(23:27)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム