**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100書籍
> 直感でわかるロジカルシンキング/感想
 さて、今日は書籍の感想が届いたのでご紹介します。

直感でわかるロジカルシンキング直感でわかるロジカルシンキング
(2015/02/19)
伊藤 達夫

商品詳細を見る


 大手金融機関に行った教え子が感想を送ってきてくれました。以下、感想です。

-------------------------------------------------
相当面白かったですよ!! 入門編って感じがしました。

たとえば3時間目「伝える」で思ったのは、就活のときに自分が考えたこと(どういう言葉を選ぶと、自分は相手にどのような人間として映るのか、では思った通りに見せるにはどのような表現を選択していくのか、どうたち振舞うのか、など)は、他の場面でいくらでも応用できるはずなのに、自分の場合は「「就活では」こうすれば成功する」というように、他の場面で活かそうとしていませんでした。 そしてそのことに無自覚でしたし、だからこそ働きだしてからスムーズにこなせていなかった仕事もあっただろう、ということに気がつきました。

あと、また同じようなことですが、たとえば1時間目「わかる」のしおりちゃんの話では、自分がしおりちゃんの立場ならこうするなーと考えながら読んでいて、そのあとの解説にも自分の考えた通りの内容で書いてあることも多かったのですが、それも自分の場合はそれを形式化して他の場面で活かすというステップが欠けていたことに気がついたので、この気づきにより読み終えた後ここ数年の自分の体験を整理できたため、充実感を得て、ボリュームとしては多くないけれど自分なりに得られたことはかなり大きかったため面白いと感じました。

入門編と感じた理由は、伊藤先生の普段の授業の方が難しい感じたからです。 なぜなら、この本の内容は自分の中では大部分を理解できていると思っていますが、普段の授業の内容はきちんと理解できてない部分も大きいと思ったためです。
-------------------------------------------------

 というような感想でした。

 彼は「わかる」と「伝える」について、使えると思った部分が多かったみたいですね。

 私が普段やっている内容からすれば、決して難しくないですが、掘ればいくらでも掘れる内容だとは思います。読み終わった方は感想でもお送りください。ご紹介させていただきます。

 それでは今日はこのあたりで。次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
2015.03.01(16:49)|書籍コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム