**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
インサイト100スポンサー広告
> 私は「CIO」という概念が好きではない(その2)> インサイト100ビジネスシステム
> 私は「CIO」という概念が好きではない(その2)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 花粉がすごいですね。

 アルガードの鼻の洗浄液を買いました。

アルガード 鼻すっきり洗浄液 100mlアルガード 鼻すっきり洗浄液 100ml
()
アルガード

商品詳細を見る


 ↑ですね。はじめは、松田優作のように、「なんじゃこりゃー!」と叫んでしまうような勢いで、鼻の奥に向かって、洗浄液が飛び出していきました。

 まあ、慣れれば、こんなもんかという感じだと思いますけど。寝る前に使うと、鼻がすっきりするかもしれません。

 さて、今日は「CIO」概念が好きではないお話しの2回目です。

 この前は、実はシステム管掌役員はすごく冷遇というか、むしろ無視されてきた人々だったことを書きました。それは本質的におかしいといえば、おかしいですけどね・・・。

 ただ、2000年ぐらいから、マッキンゼー出身で、ユニクロの堂前さんが、CIOは業務改革リーダー、というようなことを言い始めた。

 他部門の業務の効率をしっかり評価するんだ!みたいなことを言い始めた。KPIを作りましょうとかね。

 KPIというのは、キーパフォーマンスインディケーターですね。評価測定指標のことです。各部門の業務の効率をしっかりと監視しましょう!というようなお話しですね。

 そして、更にCIOへの追い風が吹きました。

 エンロンショックに伴って、SOX法というものが成立しました。

 エンロン事件は知ってますよね。まあ、粉飾決算、循環取引など、あらゆる違法、もしくはスレスレの手を使って、業績がいいように見せかけていた。

 カリフォルニア電力危機の一因になったりして話題になりましたね。そして、監査を担当していたアーサーアンダーセンはつぶれましたね。

 エンロン事件について詳しく知りたい人は、映画があるので見てください。↓。

エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版
(2007/05/25)
元エンロン社員:ケン・レイ(元CEO) ジェフ・スキリング(元CEO) アンディ・ファストウ(元CFO)

商品詳細を見る


 こんなことは上場企業ではいかん!、投資家を守るのだ!と、できたのがSOX法。企業は内部を統制すべきなのだ!というお話しですね。

 ホリエモンのライブドアショックも、同列に扱われたりはします。ただ、ホリエモンの風説の流布は、あの程度だったら、どこのIRでもやってるよ・・・、と思えるぐらいのものでしたけどね。かわいいものだ、と思ったんですけどね。エンロンとはだいぶレベルが違いますね。

 で、CIOのプレゼンスが更に増すわけです。

 なんで?と思います?関係あるの?と思います?

 内部統制にITを!というお話しです。

 この辺りのロジックも私は嫌いです・・・。

 最近、メールを出すときに、上司の承認がいちいちいるようなシステムになってません?

 重いファイルは社外に送れなくなってません?

 ある程度の規模がある会社だとそうなっています。いわゆる「内部統制施策」ですね。

 でも、「言い訳」に近い話しに私には見えます。

 外部への情報漏洩はたしかに由々しき問題ですよ。でも、システムコンサルティング会社をブレーンとしたCIOのプレゼンスメイキングに見えるのは、私だけでしょうか?

 システム予算はけっこう、お金がいっぱいですね。その予算の必然性は、内部統制ですか?

 そして、その専門家と称したコンサルタントが入って、いろんなことをやって、そのお金を持っていきませんか?

 システムコンサルティング会社にとって、CIOというのは、優良顧客ですよね。なんか横文字だからか、コンサルティングを使うのが当然、といった感じになってるようにも思えますけどね。





 
関連記事
スポンサーサイト
2008.03.18(08:28)|ビジネスシステムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。