FC2ブログ

**********************************************************************
メールマガジン「インサイト100」
週に1回配信中。
登録は⇒http://www.taii.jp/
**********************************************************************
 昨日は、前にも書いた会員制のバーに行ってきました。渋谷の宇田川町ですね。会員になろうか考え中の経営者の方と行ってきました。

 「銅」をコンセプトにした店内は、非常にお洒落で。ちょっと暗い中で、銅が薄い光を反射する空間でした。

 今日は、大学のサッカー部OBで作ろうとしている組織の立ち上げの話し合いと、サッカー部の新監督の壮行会です。久々に本郷キャンパスに行ってきます。

 さて、先日「緊張してしまいます」と言っていた人がいたので、そういう人への処方箋でも書こうかな、と思います。

 緊張に対処する精神論と技術論があると思います。

 昔は緊張して困りました。今でもけっこう緊張しますが、相当ましです。

 ある時から、だいぶ緩和しました。それは精神論的なことがわかってからですね。

 緊張するのはなぜか?

 「自分を今の自分よりよく見せようとするから」だと私は思います。

 でもね、今の自分を出せれば、なんとかなるものです。いや、なんとかなるぐらい練習しておかないとだめですよ。練習しないでうまくやれるなんていう人は、天才です。そんな人のことはいいのです。

 私は新卒の頃、クライアント向けの説明をはじめてやらせてもらえることになった時、すごく嬉しかったですね。だから、朝の7時~9時ぐらいに会議室に1人で篭って練習していました。

 今でも、カチプレをやる場合は練習します。

 一生懸命練習している人を見ると、うれしくなりますよね。

 で、その練習した分が、本番で出ればそれでいい。

 確かに、自分の中にあるなにかを引きずり出す感覚もなくはないです。でも、それは緊張するとかしないとか、そういう次元より先にあるものです。

 緊張する、しないという次元にいるのであれば、練習した時の自分を出せるようになること、それが大事です。

 で、自分以上のものを出そうとしない。今の自分よりよく見せようとしない。

 今の自分を認めてあげることを自分に対してすること。自分以外の何者かになろうとしないことですね。

 ちょっとそれますが、モデリングという手法があります。プレゼンを上手くなりたい時、上手い人をモデルにする。例えばオバマ大統領とか。で、その人をイメージしながらやると、意外とうまくなったりする。

 そういう練習をするのは別にいいことなんですよ。大丈夫ですよね。

 さて、お話しを元に戻すと、緊張しちゃう、しない、という次元にいるのならば、自分を良く見せたいというところを手放すというお話しが大事ですね、と言うお話しでした。

 もう長いので、このへんで今日はやめますね。明日は緊張しちゃっている時の解消法を書きます。それでは次回をお楽しみに。


 
2009.03.14(12:15)|メンタルヘルスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 後輩が大学のサッカー部監督に就任したので、壮行会がありました。いま、はやりの「豚の焼肉」に行ってきました。鉄板がななめになっているんですね。

 そして、とても安い。

 私はあんまりお酒が得意ではないですが、生ビールがすすむようなお店でしたね。

 その前に、進学校リーグを作るための社団法人を作ろうということで、人が足りないということで、社団法人の社員に名前をお貸ししました。書類はロースクール在学中の後輩が作っていました・・・。やはりサッカー部人脈と言うのはありとあらゆる人々がいるなあ、と思いました・・・。

 大学の頃の人々は、みなさん、さすがにエリートな道を歩んでいて。私は1人でアウトローを行っている気がしました。後輩の進路は良く知りませんでしたが、あいつが官僚?とか、そういったことで驚きました。

 みなさんそれぞれの道を歩んでいますね。私も私の道を行くのみです。

 そういえば、「人が人を嫌いになるメカニズム」がライブドアのクロールに引っかかって、けっこうなアクセスになっていますね・・・。これでインサイトナウさんの会員がまた増えればいいですけどね。記事はhttp://www.insightnow.jp/article/2991です。

 さて、今日は緊張への処方箋。第二回ですね。

 もし、自分がプレゼンしないといけない場合、10分前にガチガチに緊張してしまっている。そんな時、どうすればいいのか?

 「今の自分よりいい自分をみせようとしない」という精神論は説明しましたが、実際に緊張した状況になってしまったら、そういう精神論を唱えても無力ですよね。

 で、そういう時に何をすればいいのか?

 即効性があるのは、「TFT」だと思います。以前にもこのブログでご紹介しましたが・・・。

 
TFT(思考場)療法入門―タッピングで不安、うつ、恐怖症を取り除くTFT(思考場)療法入門―タッピングで不安、うつ、恐怖症を取り除く
(2001/12)
ロジャー・J. キャラハン

商品詳細を見る


 まずは小指の下のほう、掌の右下のあたりをタッピングします。20回ぐらいですね。

 そして、つむじのあたりをタッピングして。

 そして、こめかみ、まゆげ、目の下、唇の上、唇の下、鎖骨、わきの下を続けてそれぞれ20回ずつタッピングします。

 そうすると、あら不思議。緊張の度合いが減っていることがわかります。

 これ、不安、心の痛みなどで困っている人に使われている治療法になりますので、効く人はけっこう効きます。あんまり効かない人もいるみたいですけどね。

 ただ、効くなら使えばいいのです。少しでも心が楽になって、痛みが減るなら。

 痛みと言うのは、人生に大きな影響を与えます。心がいつも痛い。そこから抜け出したい。そう思う人に即効性がある技法ならば、使えばいいのです。

 私も、心がすごく痛い頃がありました。私はストイックだったので、その痛みを越えるには、より強い痛みを持てばいいという思いで空手をやっていたようにも思います。体の痛みで心の痛みを打ち消していたようにも思います。

 緊張によって、失敗してしまって、また心の痛みの種を作るより、気持ちよくプレゼンしたほうがいいと私は思います。

 根本的には、今、この瞬間に、痛くないことを知れば痛みはなくなりますが、それは高度すぎて伝えるのは無理です。

 だから、対処療法ですが、TFTをとりあえずやってみることをお勧めします。即効性があり、ちょっとだけ気持ちが楽になります。

 効くなら使えばいい。そういうものですね。

 さて、2回に渡って緊張への処方箋を書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 ではまた次回をお楽しみに。
2009.03.15(13:49)|メンタルヘルスコメント(0)トラックバック(2)TOP↑
 あれ?、と思うようなコメントがついていたのでご紹介します。

----------------------------------------------------
 今日mixiで人をきらうことの記事をよみました
 すごくかんげきしたのでコメントさせていただきました。
 大学2年なのですが、そんな思想をもつフロイトの本をよんでみようとおもいました。
----------------------------------------------------

 無断転載ごめんなさい。そして、コメントありがとうございます。

 mixiに私の記事が出ていた?

 はて、どうしてだろう?

 と、調べてみますと、インサイトナウさんの記事提供先「Business Media 誠」さん(http://bizmakoto.jp/)に、私が書いたものがのって、そこからmixiへ記事提供とのことでした。

 そういうこともあるのですね。ただ、mixiに出た私の記事に対する日記の数がすさまじいことになってましたね・・・。というか、みなさん、感動する方もいれば、こきおろす方もいてすごいですな。

 表現とは怖いものです。

 ただ、思うこととしては、インターネットの中でも、選択と集中が起こり始めているということです。

 情報の信頼性は、「複数メディアへの掲載」に移行していくのかもしれません。価値ある情報はどんどん転載されていく。価値の無い情報は全く転載されない。

 そういえば、先日、船井総研さんのページ、「経営企画室ドットコム」に私が書いたものが出ていて、ちょっと違和感ありました。

 私が書いた、「シナリオプランニング」とか、「競争戦略」とか、そういうの、船井さんのページで載るんだ・・・、と。インサイトナウさん、頑張ってますね。

 ちなみに、「Business Media 誠」さんに、私の名前と経歴が出ていたんですが、「いとうたつや」となってました・・・。わたし、「たつお」なんですけどね・・・。悲しいです。

 自分の名前、嫌いではないですが、平凡な名前だなあ、とつくづく思います。親は、普通の子になって欲しいという願いを込めてつけたそうです。

 その反動か、平凡というのは嫌だという感覚が強いですね。

 ただ、平凡どころか、おちこぼれた子供時代を送ったような気がします。

 小学校低学年時代。書く文字が全て鏡文字。自分の字が読めない・・・。試験では0点を取り、忘れ物連発。引っ越した時には、前の学校に全てのものを置いてきました・・・。

 授業のノートを取るのがおいつくことがありませんでした。先生が、私がまだ書いているのに消してしまうので困りました。書いてあっても解読はできない文字で書かれていたので、同じは同じなのですが・・・。

 泣き虫でした。ハンカチを噛みしめながらよく泣いていました。先生に泣くことよりも、なぜ泣く時にハンカチを噛むの!と怒られていました。

 思い出しついでに書きますと、水戸という緑溢れるところで育ったので、よく、森の中、山の中をさまよっていました。木があれば上って、遠くを眺めていました。そして、森の中でボーっとしていました。おかげで体中が漆にかぶれていました。

 崖にへばりついて、崖の上まで上って行くのも大好きでした。 

 お陰で、高校生の頃、ボストンにちょっと留学していたのですが、その時やったウォールクライミングでは、本当に初めて?と何度も聞かれるぐらいスイスイ上っていきました。

 学校の成績は悪かったのに、「ぼくっててんさいだよー」とよく言っていました。

 ながながと私の過去の吐露にお付き合いさせてしまいました。すいません。

 自分がやりたいことは何か?というのは子供時代にヒントがあると言われています。これも、私がたまに引用するビジョン心理学の考え方です。

 子供の頃、欲しかったものを、人に与えることが実は天職だと言ったりしますよね。

 それで、森の中をさまよう時、なぜ、ふらふら1人でさまよっていたのか?私は本当は自分を見つけて欲しかったからかもしれません。泣き虫だったり、鏡文字だったりしたのは、自分を見ていて欲しかったからかもしれません。

 注目して欲しかった。そういう思いが強い子供でした。だから、会社を見る、人を見る仕事をしているのかもしれません。自分のこと以上に人に真剣になる自分がいます。

 ちょっと強引な論理展開ですね。つながりがちょっと薄い。飛躍がある感じがしますね。まじめに間を埋めれば、埋まりそうな気がしますが。

 ごめんなさい。もう、夜遅いので頭が回っていないのです。

 いつもいつも、お付き合いいただきまして、本当にありがとうございます。

 では、次回をお楽しみに。 
2009.04.04(01:10)|メンタルヘルスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 最近、場の意味というのをなんとなく考えることが多いです。

 自分は無意識的に何を望んでいるのか?を意識化するのはなかなか難しい。

 意識で考えていることとは、全く別のことを望んでいることが意外と多いものです。

 意識できることなんてほんの一部で。無意識的にしている行動のほうが多いですからね。無意識と争っても無駄だと思います。

 で、人とコミュニケーションする場が設定された時、何も考えずに出る言葉、出そうになる言葉は何だろう?ということを考えます。

 その言葉をじっくり見てみると意外と自分が本当に何を望んでいるのか?がわかったりします。その言葉が正しい、間違っているということではなくて、今の自分の無意識がその場に対して出している解はこれだ、という話しですけどね。

 そうすると、自分をどうプログラムしなおせばいいのか?というのがなんとなくわかります。

 そして、まだこんな問題をひきずっていたのか、ということがわかったりします。

 パターンを知ることでパターンを越えることに近いですが、そういう感じです。

 感情の奴隷に、一時的になってみるということでしょうか。

 そうすると、自分の感情の発生源を突き止められたりします。

 同じようなアプローチで人の感情の発生源もなんとなく想定したりします。

 具体的にはわからなくても、多少抽象的な感じだったらわかりますからね。

 また、ちょっと意味不明かもしれませんが、こんな感じのことも考えています。だいぶ健康になってきたからこそ、こういうことができるのでしょうけどね。

 では、今日はこの辺りで。

 おやすみなさい。
2009.07.24(23:24)|メンタルヘルスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 いつごろからでしょうか?

 禅問答が好きでした。今日のお話は禅問答的なので、きっとほとんど意味不明です。ごめんなさい。

 わかっている人はわかるけど、わからない人には伝わらない言葉。

 幼いころからそういった言葉に神秘?を感じていました。

 「あなたが宇宙を覗くとき、宇宙もあなたを覗いてる」とかね。

 「個にして全、全にして個」とかね。

 人の歴史を紐解けば、「言葉を否定する」哲学、宗教は多々あります。

 まあ、そりゃそーですね。人間の思考は言葉で規定されている面もありますが、それより抽象的なところではイメージという言葉があてはまるかわかりませんが、そういう感覚的なもので規定されているでしょうから。

 西田幾太郎という人が、戦前の哲学者でいますね。あのあたりの思想には何かある、といつも思っていました。柄谷行人さんの本とかに、よく出てきてましたね。

 「空」の概念とかね。「人は空である。空が空ずるゆえの否定の運動としての人間」とか、意味不明な文章でしたが、今はなんとなく感覚的にわかります。

 そういえば私が一時期傾倒したNLP。暗示技法炸裂な技術ですね・・・。

 そのNLPの巨人といわれる人々も、次第に言語モデルのNLPからは手を引きました。

 タゾジェームスはハワイのシャーマン研究に没頭したらしいですね。ロバートディルツもアフリカかどこかのスピリチュアルなヒトの研究でしたっけ?ほかの方も基本的にはシャーマンやら、巫女さんやらの研究に走りましたよね。

 なぜか?

 コミュニケーションでもっとも大事な部分はノンバーバル、言葉ではないからですね。シャーマンの近くによっただけで、安心してしまう、というのはありますよね・・・。
 
 言葉は確かに空間を越えられる面はありますが、イエスや釈迦の教えは言葉ではなかなか伝わらないでしょうね・・・。

 哲学書がやたらと難解な言語で記述されるのも、抽象的過ぎる領域を扱おうとしているからでしょう。

 ちょっと飛びますが、人間に自由意志はあるのか?というのは私の大きな問いです。

 だって、結局ノンバーバルなところでのコミュニケーションに人は影響されてしまう。

 いわゆる、ナポレオンヒルとか、マーフィーのお話しはこのへんのメカニズムなのでしょうね。一番強力に心配していることは現実化してしまう・・・。場を共有していればそうなってしまうんですね・・・。

 そういう自分の心理から、外部の動きを読んでみたりすることもありますけど。

 コンサルタントとしての私を嫌う人、反発する人は当初は改革に好意的です。

 でも、自分が本当は自分の都合がよいようにしたいだけなので、反発へと転化していきます。

 そういう人は「私になりたい」という感じがなんとなくするなあとこの仕事を始めたころから思っていました。で、これまでの経験からそうなんだな、というのがよりリアルにわかってきました。

 人は場を共有した瞬間に、いろいろな関係性が発生し、人の思考、世界観は影響を受けていく。反発する人の心配はしません。結局、一番私の影響を受けるからですね。私のしていることがしたくなるんです。

 おそろしいことですね・・・

 じゃあ、その自分てなんなんだろう?そもそも自分なんてあるの?とも思います。

 ただ、偉大な宗教家とか、哲学者の伝記を紐解くと、どうやら大きなほうへ、より上のほうへ思考の領域を広げていけば、自分の世界は広がり、自分の自由意志でいられる。

 ただ、それは自分以外の人間の自由意志の一時的な否定ではあるのですが・・・。

 自分の世界の煙突掃除のために、ふらふらとやってきましたが、その局面も最終段階ぐらいに入ってきました。目標はほぼ達成。最後の掃除も終わりに入りつつあります。

 ようやく最後のピースがはまる感じです。当然、当初規定した世界の範囲内のお話しで、また別の世界が規定されれば、その世界の中で、いろいろと課題はあるのでしょうけどね。

 ただ、人の思考は加速しますね。なんでしょう。オセロが一手ですべて裏返っていくような、そんな感じです。そのスピードがすごくてちょっと戸惑っています。

 ただ、それはもうとまらないのでしょうね。カラフルな人生です。とても彩りが濃くて、深い。

 自分の体に心をめぐらせると、記憶はいつでも蘇ってきます。よく、記憶力がなんでそんなにあるんですか?といわれますが、抽象的な記憶です。詳細までは正しいかどうかわかりません。でもね、体はすべて知っているというか、そういう感覚なんですよね。

 私も葛藤を結局深いところで望んでしまっていましたし、これからもいろいろな葛藤が起こるかもしれません。ただ、それは人生の彩りなのだと思います。そして、それを読み解く必要もそのうちなくなるのかもしれません。

 それをただ受け入れるだけになるのかもしれません。結局、人間をどう規定したいか?によるんですよね。葛藤のない世界というのも、ちょっと面白くないでしょうね。静的な世界観にはどうしても違和感を感じてしまう。

 もっとダイナミックな感じのほうが、やっぱり生きている感じになれますよね。

 1つ1つの彩りに感謝しつつ、どんな未来を、世界を私は望むのだろう?というところを本筋は決めつつ、ちょっとランダムにしつつ生きるほうが楽しいかな、という感じです。

 ごめんなさい。今日は意味不明ですね。

 読んでいただいた皆様、本当にありがとうございます。
 
2009.07.25(17:34)|メンタルヘルスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Twitter
メールマガジン登録
メールマガジン「インサイト100」週に1回配信中。登録は⇒http://taii.jp/の登録窓から
プロフィール
推薦図書
経営理念
弊社のコンサルティングのポリシーです。

・過去に人類が考えてきたこと(Thought)を蓄積し、そこから鋭い洞察(Insight)を生み出し、その洞察がまた、Thoughtの一部になっていくプロセスを回していくこと。そのプロセスが社会のナレッジ量を増加させ、全ての価値を生み出すことを認識すること

・先人の知恵に対する敬意を払い、学び続けること。ナレッジの自己への入力量が自身の考える能力を向上させ、社会のナレッジ量を増加させることを知ること

・社会のビジネスナレッジの偏在を正すことを目指すこと。そのために社会の構成員であるクライアントに対してビジネスナレッジを提供すること

・ビジネスナレッジの偏在を利用する悪貨たる企業を駆逐する良貨たらんとすること。そのために偏在を利用する企業以上のマーケティング力を持つこと。そして、提供したナレッジに見合った対価をクライアントから頂き収益を上げ、成長していくこと

・社会に対する志を持つ企業、個人をクライアントとすること。例え儲かるとしても、志を持たない企業、個人をクライアントとしないこと

・クライアントの成長を望むこと。具体的な解の提示よりも、その解を出すプロセスをシェアすることにより、クライアント自身がプロセスを組みなおし、異なった解を出す力を増加させることに重きを置くこと

・抽象的な理論のレイヤから、クライアントサイドの具体へと寄っていくこと。ただし、その過程でクライアントにも具体のレイヤから抽象のレイヤに寄ってもらうこと。その上で、中間のレイヤでクライアントと共に新しいナレッジを生み出していくこと
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム